• トップ

建設関係の給料について

建設関係のお仕事について

土木や建設系の給料とは

建設関係と言うと、暑い夏も寒い冬も、ずっと外で重いものを持って、というきついお仕事です。それでいて、土木作業員の平均年収は300万円から350万円程度。一般的なサラリーマンよりも安い給料で働いているのです。とはいえ、これは平均額ですから、建設関係のお仕事でサラリーマン以上の高収入を得ている方だって大勢いるのです。給料をあげるのは、やはりそれなりの資格や免許を持ち、特別なスキルがあると強いです。全国の現場からの需要が高くなり、その分仕事量も増え、給料もアップするでしょう。特殊な建設作業がこなせる人は能力給として基本給に上乗せされることもあります。その一方で、土木経験のないアルバイトの若者たちは、日給で賃金が支払われており、1日の給料は高いものの勤務日数が少ないので年収200万円に届かないような低収入だったりもします。アルバイトであっても能力や経験によっては日給1万円前後が当たり前の中で2万円を越える人もいます。とにかく経験を積むこと、資格取得に挑戦し日々勉強すること。努力によっては昇給が期待される、そんなお仕事なのです。建設関係は安いからとあきらめないで地道にキャリアアップを測りましょう。

建設の必須情報

新着情報

↑PAGE TOP